いらっしゃいませ!
トイプードル専門ブリーダー
     「ぷーずハウス」です。

愛犬の皮膚のトラブル

ポイントは部屋と皮膚を清潔にキープすること!
ワンちゃんにおこりやすい皮膚トラブル。
なかでもよく見られるのが、アトピー性皮膚炎。
でもその一部は、飼い主さんの心がけと気づかいで、症状を軽くしたり発症を抑えたりすることもできるのです。

ハウスダストやダニが皮膚病の原因に
アトピー性皮膚炎とは、ハウスダストやダニなどがアレルゲンとなるアレルギー性の疾患。
室内で生活する犬が増えて、ダニやハウスダストなどのアレルゲンに接触する機会が多くなり、発症する犬が増えているそうです。
花粉が飛ぶ春先から秋にかけては、花粉でアトピー性皮膚炎を発症する犬もいます。
犬はアレルゲンを皮膚で吸収するので、皮膚に赤みや、かゆみが出てきます。

犬のアトピー性皮膚炎は、こんな原因で起こります

この他に、細菌、マラセチア、ノミなどもアレルゲンとなります。
人の場合、花粉を原因とする花粉症では、くしゃみや鼻水などの症状が現れますが、
犬の場合は、花粉が原因でも皮膚にトラブルが起こる事がほとんどです。

皮膚に異常を見つけたらすぐに獣医の診察を
アトピー性皮膚炎の発症を防ぐためには、部屋を清潔に保って、環境中のアレルゲンを減らすことが有効です。
また、皮膚を清潔に保って、アレルゲンが接触しないようにすることも有効な手段です。
なかなか完治できない病気ですが、症状が悪化する前に診察を受ければ、上手に付き合っていくことも可能です。
アトピー性皮膚炎は、3~4才までに発症することが多い病気です。発疹や脱毛といった皮膚の異常に気付いたら早めに受診しましょう。

アレルギーによる皮膚のトラブル・症状を抑える方法





ぷーずハウス www.poos-house.com
〒359-0007 埼玉県所沢市北岩岡345-1
TEL.04-2990-8154
動物取扱業登録番号:販売:第76-0311号 / 保管:第76-0312号
© soc 2009-2019
Poos House All Rights Reserved.