トイプードル専門ブリーダー
        「ぷーずハウス」

犬の歯周病

予防と早期発見で愛犬の歯を守りましょう!
歯周病は気が付いた時には、かなり進行していることも。
予防と早期発見で、愛犬の歯を守ってあげましょう!


歯周病は放っておくと怖い病気です
犬の歯は、人が隅々まで磨いてあげることは難しく、飼い主さんから見えない歯の裏側や奥に、食べかすや歯垢が残っていることがあります。この汚れから発生した細菌が、歯の根元にある歯周ポケットに入り込み歯周病を引き起こします。歯周病はほうっておくと最終的には歯の根元を腐らせ、たくさんの歯を抜かなければならなくなってしまう恐ろしい病気です。
歯周病にかかっていても見た目には異常がないこともあり、つい見逃して手遅れになることも少なくありません。
気付かないうちに歯の根元で歯周病が進み、まわりの歯にまで広がってしまうこともあります。 さらに歯周病を放置したままだと、細菌が頬や顎、鼻の骨に及び、骨に穴が開いてしまったり、細菌が口から全身に広がり、心臓病や腎臓病を引き起こすこともあるのです。

予防には正しい歯磨きがもとめられます
歯周病を防ぐには、おうちでの歯磨きと定期的な獣医師の検診を行うと万全です。
おうちでの歯磨きは少しの時間でも毎日行うことが大切です。最初は歯磨きを嫌がるワンちゃんもいますが、とても大切なことですので徐々に慣れさせて躾けていきましょう。
歯周病を防ぐための歯磨きで最も重要なことは、細菌の入り口である歯周ポケットを清潔にすること。歯周ポケットは歯の根元にあり、なかなか完全に磨ききれません。定期的にプロにケアしてもらえれば安心です。

歯周病の早期発見のチェックポイントは、ワンちゃんの口臭です。
少しでも気になったら要チェックです。 出来るだけ早期に獣医師に相談し、歯周病を初期段階で防ぎましょう。





ぷーずハウス www.poos-house.com
〒359-0007 埼玉県所沢市北岩岡345-1
TEL.04-2990-8154
動物取扱業登録番号:販売:第76-0311号 / 保管:第76-0312号
© soc 2009-2018
Poos House All Rights Reserved.