トイプードル専門ブリーダー
        「ぷーずハウス」

トイプードルの膝蓋骨脱臼(パテラ)

トイプードルの膝蓋骨脱臼(パテラ)について
トイプードルは色々な犬種の中でも特に膝が弱い犬種です。

先だって行ったある有名ペットショップでは、全てのトイプードル達の値札のところに 「膝がゆるい」 と表記されていました。
この 「膝がゆるい」 とは、トイプードル特有の膝蓋骨脱臼のことで、脚の膝の関節が一時的、または常時外れてしまっている状態のことをいいます。一般的には「パテラ」と呼ばれています。

トイプードルの約9割以上の子がこの 「膝蓋骨脱臼」 だと言われています。
トイプードルに限らず、小型犬は厳密に検査すると100%正常という子は稀なほどです。
(ショップによっては、軽度なレベルは正常として販売されています)
原因は、先天性の疾患であったり、日々の、生活上の問題であったりしますが、経験上では、生活上の問題がトリガーになっているケースが非常に多いです。
膝のお皿を納める溝が浅いため、構造的にとても外れやすく、人の脱臼と同じように一度外れると癖になってしまう傾向があります。

このパテラは、グレード1~グレード4 で症状のレベルが区分けされていますが、最も重い症状(グレード4)になると、かなり痛みもあり、歩行が困難になってしまう為、動物病院での手術が必要となります。
比較的体重の重い子は、膝に負担が掛かかりやすいので、症状が軽いうちに、まずは、生活上の問題を一つずつ解決してあげてください。

生活上の問題点とは・・・
等々です。

サプリメントとして、グルコサミンを毎日与えることも有効かと思います。
また、骨格そのものを丈夫にする為に小魚等、適度なカルシウムを摂取させることも良いと思います。

膝の軟骨の両サイドにある筋肉が左右アンバランスになってしまっていることも原因の一つでもあるようですので、やはり、毎日の適度な運動も大切です。 成犬になり、しっかり筋肉が付くと、ほとんど外れなくなることもあります。
毎日の散歩や運動がなかなか出来ない場合は、悪いほうの脚の屈伸運動を1日400回行う方法もあるようです。
トリミングに来られるお客様でトイプードルの子もたくさんいるのですが、やはり、この 「膝蓋骨脱臼」 の子が多いです。

購入時にペットショップ等で説明を受けてない方も多いようでしたので、こちらで、ちゃんと説明ができるように、犬の膝関節模型を購入しました。






ぷーずハウス www.poos-house.com
〒359-0007 埼玉県所沢市北岩岡345-1
TEL.04-2990-8154
動物取扱業登録番号:販売:第76-0311号 / 保管:第76-0312号
© soc 2009-2018
Poos House All Rights Reserved.